無料ブログはココログ

« 竹田の城下町と花しょうぶ | トップページ | ジュンサイまつりとたらい舟 »

2006.06.21

天空の城・竹田城

 
 
■ 国内ツアーならANA楽パック・航空券と宿泊予約

■ 日本全国のご当地グルメ&名産品の情報

◆ 最新デジタル一眼レフ情報・価格検索

◆ 簡単操作のコンパクトデジタルカメラ


竹田城は嘉吉年間(1431~1443年)に、但馬の守護大名の山名持豊(山名宗全)が有力家臣の一人である太田垣に築かせた日本を代表する山城です。

天守台を中央に、南千畳、北千畳、花屋敷が放射状に配され、その姿は、虎が臥せているようにも見えることから、別名「虎臥城」(とらふすじょう・こがじょう)とも呼ばれています。

また、竹田城は標高352mの山の上にあり、冬の早朝には雲海に包まれた幻想的な風景を眺めることが出来ます。このため「天空の城」とも言われています。黒澤明監督の影武者や、角川映画の天と地との映画のロケ地になったことでも知られています。


天空の城・竹田城
天空の城・竹田城


天空の城・竹田城
天空の城・竹田城


虎臥城大橋/播但道
虎臥城大橋/播但道


竹田城の壁紙写真集
竹田城跡パノラマ写真集
竹田城の城下町竹田村・竹田の街並み・寺町通り・虎臥城公園
竹田寺町通りの花菖蒲・竹田川


竹田城
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

竹田城(たけだじょう)は、兵庫県朝来市和田山町竹田にあった中世山城。

概要
縄張りが虎が臥せているように見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、天空の城の異名をもつ。雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている。国の史跡に指定されている。

東に立雲峡を望む標高353.7メートルの古城山(虎臥山)の山頂に築かれ、縄張りは、南北約400メートル、東西約100メートル。天守台をほぼ中央に配置し、本丸、二の丸、三の丸、南二の丸が連郭式に配され、北千畳部と南千畳を双翼とし、天守台北西部に花屋敷と称する一郭がある。廃城から約400年を経ているが、石垣がほぼそのままの状態で残っており、現存する山城として日本屈指の規模となっている。

歴史・沿革
室町時代・安土桃山時代
但馬国守護大名山名持豊(宗全)によって、出石此隅山城の出城として、播磨、丹波と但馬の国境が近く、街道が交わる地に侵攻を防ぐ目的で建設された。 築城は1431年(永享3年)、完成は嘉吉年間(1441~43年)と伝えられる。当初は土塁造りの城郭であったが、羽柴秀長から赤松広秀(斎村政広)の城主時代における改修工事により、総石垣造りの近世城郭として生まれ変わり、廃城間近に現在の壮大な姿となった。修復には13年の年月を要し、賦役のため農民は「田に松が生えた」ほどの困窮に陥ったり、村中が夜逃げするところもあったと伝えられる。石垣には織田信長がしばしば採用した穴太流石積みの技法(野面積み技法)が用いられている。

山名氏のもとでは山名四天王の太田垣氏が配された。応仁の乱によって東軍の丹波国細川氏の軍勢の侵略を受けるが、太田垣氏らの軍勢が国境の夜久野が原に撃退した。しかし、羽柴秀吉による、1569年(永禄12年)および1577年(天正5年)の但馬征伐により落城。1580年(天正8年)、山名氏の後ろ盾となっていた毛利氏が但馬から撤退し、太田垣氏による支配は完全に終焉をむかえた。

その後、秀吉の弟羽柴小一郎長秀(秀長)が城代となるが、のちに秀長は出石の有子山城主になったため、秀長の武将である桑山重晴が竹田城主となった。その後、桑山重晴は和歌山城に転封となり、替わって秀吉に投降した龍野城主赤松広秀(斎村政広)が城主となる。

最後の城主である赤松広秀(斎村政広)は関ヶ原合戦では西軍に属し、田辺城(舞鶴城)を攻めるも、西軍は敗戦。徳川方の亀井茲矩の誘いで鳥取城攻めに加わって落城させるが、城下の大火の責めを負い家康の命によって、慶長5年10月28日(1600年12月3日)鳥取真教寺にて切腹。竹田城は廃城となった。

歴代城主
太田垣光景(1443年(嘉吉3年)~1465年(寛正6年))
太田垣景近(1465年(寛正6年)~1479年(文明11年))
太田垣宗朝(1479年(文明11年)~1521年(大永元年))
太田垣宗寿(1521年(大永元年)~1538年(天文7年))
太田垣朝延(1538年(天文7年)~1570年(元亀元年))
太田垣輝延(1570年(元亀元年)~1577年(天正5年)?)
城代・羽柴小一郎長秀(秀長)(1578年(天正6年)~1580年(天正8年))
桑山重晴(1580年(天正8年)~1585年(天正13年))
赤松広秀(斎村政広)(1585年(天正13年)~1600年(慶長5年))

交通アクセス
鉄道
JR播但線竹田駅からタクシーで約10分、徒歩では、車道を使った場合約50分、駅裏の山道を使った場合約25分
JR山陰本線和田山駅からタクシーで約20分
道路
播但連絡道路・北近畿豊岡自動車道和田山ICより約10分




 
 
 
 
■ 紅葉特集・オススメ紅葉200スポット

■ 紅葉特集・紅葉を楽しめる人気宿

■ 絶景・紅葉を愉しむおすすめの宿

■ 神戸ビエンナーレ・街中がイベント会場!チケット付宿泊プラン

■ 秋の旅行におすすめ!お客さまに人気の宿の予約はこちらから!

■ 人気温泉地ランキング

■ クリスマス早期特別プラン
 
■ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン特集・ホテル&ツアー情報
 
■ 東京ディズニーリゾート特集・オフィシャルホテル&ツアー情報

■ 東京ディズニーリゾート・クリスマス特別プラン

■ 東京ディズニーリゾートの知らなかった情報が満載!

旅行・国内のホテル、旅館、海外ホテルの宿泊予約、航空券、高速バス、海外ツアーの予約


温泉付きホテル・温泉宿予約


ホテル・温泉旅館ランキング・泊まってよかった宿


ANA国内航空券とホテル・旅館の組合せで国内旅行、温泉旅行


高速バス予約・バスツアー


楽天トラベル・旅行の準備
宿泊予約 ホテル・温泉旅館
高級ホテル・高級旅館予約
高速バス予約
レンタカー予約
旅行・観光・レジャー情報
国内航空券予約
海外航空券予約
楽天トラベル特集&キャンペーン
近畿の旅行・宿泊予約サービス
兵庫県のレジャー情報

« 竹田の城下町と花しょうぶ | トップページ | ジュンサイまつりとたらい舟 »

兵庫の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7428/10625563

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の城・竹田城:

« 竹田の城下町と花しょうぶ | トップページ | ジュンサイまつりとたらい舟 »

ブログ検索


スポンサードリンク 1




スポンサードリンク 2