無料ブログはココログ

« 姫路みなと祭 海上花火大会・姫路市 飾磨港の花火 | トップページ | マナーの悪い海水浴客 »

2005.08.01

竜舌蘭(リュウゼツラン)の花・数十年に一度の幻の花が開花

兵庫県明石市で竜舌蘭(リュウゼツラン)が花をつけています。正確には青の竜舌蘭(アオノリュウゼツラン)と呼ばれる品種で、英語では「センチュリー・プラント(century plant)」と名付けられており、1世紀(100年)に一度、巨大な花茎を伸ばして花を咲かせ、枯死することからこのように呼ばれるようになったと言われています。

青の竜舌蘭(アオノリュウゼツラン)は、リュウゼツラン科の常緑多年草で、北アメリカ南西部からメキシコが原産地で、花の開花は実際には南国で10~20年、日本では30~50年で開花すると言われています。葉の基部からは、メカロス(テキーラ)を蒸留して作ることが知られています。

竜舌蘭(リュウゼツラン)の花は、開花の2ヶ月前頃に花茎を伸ばしはじめ、約5m以上にまで成長します。薄黄緑色の花を咲かせ、花の中央からは黄色のおしべの葯を伸ばします。おしべが枯れ始める頃にはクリーム色のめしべが伸び始め、実が生長します。

花が終わると竜舌蘭(アオノリュウゼツラン)は枯死しますが、その前には子株を根元近くに作り、子孫を残すそうです。

この珍しい竜舌蘭(アオノリュウゼツラン)の花が、兵庫県の明石市では今年、3カ所で同時に咲きました。明石市朝霧北町の朝霧川沿い、明石市大久保町江井島の県道718号線沿い、明石市二見町南二見の兵庫県水産試験場。

竜舌蘭の花・明石市朝霧北町の朝霧川沿い
龍舌蘭の花・明石市朝霧北町の朝霧川沿い


竜舌蘭の花・明石市大久保町江井島
龍舌蘭の花・明石市大久保町江井島


竜舌蘭の花・明石市二見町南二見
龍舌蘭の花・明石市二見町南二見


龍舌蘭の花
龍舌蘭の花


龍舌蘭の花
龍舌蘭の花


龍舌蘭の花
龍舌蘭の花
 
 
 
 
パソコン・家電・AV


AV機器、カメラ


デスクトップパソコン・周辺機器


ノートパソコン・周辺機器


中古パソコン・周辺機器


テレビ・薄型テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ


DVDレコーダー・ブルーレイディスク・HDDレコーダー
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ    にほんブログ村(兵庫・神戸)地域生活ブログ    人気ブログランキング


神戸観光壁紙写真集・無料写真素材・画像 / @Photo あっと ふぉと
  

« 姫路みなと祭 海上花火大会・姫路市 飾磨港の花火 | トップページ | マナーの悪い海水浴客 »

兵庫の話題」カテゴリの記事

兵庫県の花便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7428/5270692

この記事へのトラックバック一覧です: 竜舌蘭(リュウゼツラン)の花・数十年に一度の幻の花が開花:

« 姫路みなと祭 海上花火大会・姫路市 飾磨港の花火 | トップページ | マナーの悪い海水浴客 »

ブログ検索


スポンサードリンク 1




スポンサードリンク 2