無料ブログはココログ

« 須磨離宮公園トワイライトフェア | トップページ | 第35回神戸まつり(2005年)開幕 »

2005.05.12

明石海峡大橋・ブリッジワールド

世界最長の吊橋・明石海峡大橋・パールブリッジでは、昨年に引き続き今年も主塔登頂ツアー「明石海峡大橋ブリッジワールド」を開催しています。

ブリッジワールドは海上300mの神戸側主塔の頂上に登るツアーで、普段は立ち入ることのできない舞子海上プロムナードから先の橋桁の中を約1km歩いて、主塔のエレベーターで頂上を目指します。所要時間は約2時間30分。

参加者は舞子にある橋の科学館に集合し、注意事項、明石海峡大橋の歴史、構造、工法などの説明を聞いた後、橋の科学館を見学し明石海峡大橋へ向かいます。舞子アンカーレイジ(1Aアンカレイジ)をエレベーターで上り、舞子海上プロムナードを通って明石海峡大橋の橋桁へ出ます。

ここは海上約41m。足下が網状になっているため船を真上から見ることが出来ます。橋桁は中央に行くほど高くなり主塔付近では橋桁の高さが約87m、中央の一番高いところでは約97mの高さになっています。


主塔内部にはエレベータがあり98階まで一気に上ります。エレベータの中では、56階から72階には風や地震の影響による揺れを抑えるための制振装置(免震装置)があると言う説明を聞きますが途中下車はできません。


いよいよ主塔の頂上部に到着。ここは海面より289mの高さがありますが、周りを壁に囲まれているためあまり恐怖感はありません。それよりも周りに広がる360度の大パノラマ風景に感動します。


身長160cmの私では壁の高さは肩ぐらいになり視界が悪い!!でも大丈夫、背の低い方のために脚立が用意されていました。脚立に上って身を乗り出すとさすがに恐怖感を覚えます。車が米粒のように小さく見えます。


主塔から見た神戸の風景


主塔から見た淡路島の風景・たこフェリーも小さく見えます。


参加者にはツアー終了後ブリッジワールド認定証と記念写真、レストランと売店で使える割引券などがもらえます。またツアー参加当日に限り、橋の科学館と舞子海上プロムナードに何度でも入場できます。


◆明石海峡大橋ブリッジワールドの詳細と参加申し込み◆
■参加資格:中学生以上で階段の昇降ができることなど。(中学生は大人の同伴者が必要)
■参加費用:大人2100円、中学生1050円

■参加申し込みとツアー詳細は以下のHPで
本州四国連絡橋公団
 └神戸淡路鳴門自動車道・本州四国連絡橋公団第一管理局(イチカン)
  └明石海峡大橋ブリッジワールド・参加申し込み


◆垂水区アジュール舞子海水浴場・明石市大蔵海岸海水浴場海開き◆
明石海峡大橋に隣接する舞子公園・アジュール舞子・舞子海水浴場が今年7月海開きする予定です。舞子海水浴場は明石市の大蔵海岸砂浜陥没事故以来、約3年半ぶりの再開で大蔵海岸でも海開きを予定しています。

アジュール舞子海水浴場、大蔵海岸海水浴場にはシャワー、売店、トイレ、芝生広場、松林の木陰の芝生広場などが整備され、バーベキューサイトもあり海水浴シーズンには多くの海水浴客で賑わいます。


◆明石海峡大橋の写真と壁紙◆
明石海峡大橋・パールブリッジ
明石海峡大橋の夕日と夕景
明石海峡大橋の夜景とライトアップ
明石海峡大橋ブリッジワールド・海上300mの大パノラマ
明石海峡大橋施設データ・周辺観光情報
舞子公園・アジュール舞子
明石市・大蔵海岸

神戸市[兵庫区・長田区・須磨区・垂水区]観光名所壁紙写真集
淡路島観光名所壁紙写真集

 
 
 
 
インテリア・家具・雑貨・収納家具


おしゃれなインテリア・実用的な収納家具


アジアン家具・アジアンインテリア


インテリア・寝具・収納・家具


リビング・ダイニング・スタイリッシュ家具


観葉植物・花・ガーデン・DIY・ガーデニング


ガーデニング・花・ガーデン・DIY・ガーデニング
 
 
 
 
にほんブログ村 写真ブログ    にほんブログ村(兵庫・神戸)地域生活ブログ    人気ブログランキング


神戸観光壁紙写真集・無料写真素材・画像 / @Photo あっと ふぉと
  

« 須磨離宮公園トワイライトフェア | トップページ | 第35回神戸まつり(2005年)開幕 »

イベント情報」カテゴリの記事

神戸の話題」カテゴリの記事

コメント

アジュール舞子・舞子海水浴場海開き

アジュール舞子・舞子海水浴場が4年ぶりに7月7日、七夕の日に海開きしました。

舞子海水浴場に隣接する、ホテルペルーラは倒産し閉鎖されましたが、株式会社ホロニックがホテルペルーラの建物を買い取り、リーバー ホテル オーシャン セトレとして、この春再オープンしました。

ホテルペルーラの時に人気のあった、エステやスパプールなどはそのままホテル セトレに継承されているようです。

施設内には、海の見えるガーデンチャペルを建設中で、8月中にはホテル セトレのチャペルもオープンするそうです。

アジュール舞子の新スポットの完成が楽しみですね。

神戸新聞Web News
 └安全は守って…4年ぶり海開き アジュール舞子

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7428/4097271

この記事へのトラックバック一覧です: 明石海峡大橋・ブリッジワールド:

« 須磨離宮公園トワイライトフェア | トップページ | 第35回神戸まつり(2005年)開幕 »

ブログ検索


スポンサードリンク 1




スポンサードリンク 2