無料ブログはココログ

« JR福知山線 尼崎市で脱線事故 | トップページ | 時間との競争 »

2005.04.27

JRの新人研修に物申す

尼崎市のJR宝塚線(JR福知山線)での事故からまだ日が浅いというのに、今度はJR宝塚線と接続するJR神戸線新長田駅で普通電車がオーバーランするというトラブルが起きました。
オーバーランを起こしたのは免許取得前の見習い運転士だそうです。

研修中にトラブルは付き物です。トラブルを経験することがエキスパートになるための条件だと思います。
しかし、見習い運転士がトラブルを起こしたときそれを指導する教官が隣にいるとはいえ、トラブル発生時の対処が遅れることは十分にあり得ることです。

今回のオーバーランは2mということですが、この2mの間に教官は安全に停車するためには急ブレーキをかけるわけにもいかず、結果的に何もできなかったことになります。

今回は停車前と言うこともあり速度は出ていませんでしたが、時速100km/h以上で走っているときに、踏切から車が出てきたら?、運行上致命的なトラブルが車両に発生したら?、不測の事態が発生したときに見習いの運転士に迅速な対応ができるでしょうか?

隣の教官が指示を与えるにしろ、教官自身が運転操作を交代するにしろ、どうしても対応に遅れが生じてしまいます。高速で走る電車にとって一瞬の対応の遅れが大惨事を招きます。

先日、管制塔の指示を無視するなど多数のトラブルを起こしている大手航空会社で、社内規定に反し離着陸の資格のない見習いパイロットが着陸操作をするという事件が報道されたばかりです。
それは論外としても、JRは社内の規定・法律に従い研修をしているとしても、実際に乗客を乗せて運行する車両で、資格を持たない運転士の研修が日常的に行われていると言うことは、利用者としては非常に不安を感じます。

電車の運転の研修は線路を使わなければならないこともあり、車のように専用のコース上で教習専用電車を走らせることは無理だとしても、せめて、乗客の乗っていない回送電車を使うとか、夜間の電車運行が少ないローカル線で研修専用車両を運行するなどして欲しいものです。


神戸新聞Web News
 └尼崎JR脱線事故特集
 └【グラフ】尼崎でJR快速電車転覆


« JR福知山線 尼崎市で脱線事故 | トップページ | 時間との競争 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7428/3882872

この記事へのトラックバック一覧です: JRの新人研修に物申す:

« JR福知山線 尼崎市で脱線事故 | トップページ | 時間との競争 »

ブログ検索


スポンサードリンク 1




スポンサードリンク 2